パイピングとは

バッグのパイピングとはどこにあたるものなのかご存知でしょうか。なかなか聞きなれない言葉ですよね。これは洋裁で使われている言葉です。パンピングとはパイアステープによって、布の端がほつれないように包んでとめる方法です。またあるいは、2つオリになっている布や側の縫い目を挟んでとめてしまい装飾する方法になります。この部分は長年使ってくると擦り切れてしまう場合があります。

お財布バッグを日常的に使っているとバッグを床に置いたり、壁に擦れるようなことがあると思います。そのような小さな日常の出来事の積み重ねにより、パイピングの部分が徐々に傷んでしまいます。最終的には切れてしまいとても不格好な状態になってしまいます。これはバッグの中でも一番壊れやすい部分として知られています。もしパイピングが擦り切れると中の芯の部分が見える状態になることもあります。このようなひどい状態の場合は業者はきちんと直してくれます。修理費については1万円程度かかってきます。

しかし、今後も長くつきあっていく大事なカバンのことを考えると業者に依頼しきれいにバッグ修理してもらうといいでしょう。しっかりとバッグ修理をすれば、バッグ自体の全体の印象が大きく変わります。使い古していた状態から新品同然のようにバッグが復活することを見ることができます。

業者依頼のメリット